武田薬品 湘南ヘルスイノベーションパーク – 武田薬品工業湘南ヘルスイノベーションパーク

湘南ヘルスイノベーションパークは、日本初の製薬企業主導によるイノベーティブなエコシステムを目指します。世界中の患者さんのために、製薬のもつ創薬ノウハウを基盤に産官学が結集し、イノベーションの触媒となります。

Apr 13, 2018 · -湘南ヘルスイノベーションパークのビジョンを象徴する新ロゴを発表-ヘルスイノベーション創出に向け、製薬企業のノウハウを開放し、3,000人規模の研究者が集まる-世界に開かれたエコシ

湘南アイパークの前身である武田薬品工業株式会社湘南研究所の、過去のお知らせを掲載しております。 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 近隣の皆様へ. 近隣の皆様への

武田グローバル本社 グランドオープン 「 湘南ヘルスイノベーションパーク は、研究者たちがDay One(入居したその日)から研究に没頭できる環境を提供します。さらなるイノベーション創出のためには、ベンチャー企業や大学等の研究機関をはじめとし

2018年4月13日、タケダは日本初の製薬企業主導によるオープンでイノベーティブなエコシステムの醸成を目指す湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、湘南アイパーク)をグランドオープンした。神奈川県と共同開催した開所式典には、黒岩祐治 神奈川県

武田薬品工業の日本国内向け情報サイトです。 患者とご家族の皆様への情報や、 国内の事業や活動に関する情報をご覧

みなさんこんにちは、日経バイオテクの高橋厚妃です。先日2018年4月13日に、武田薬品工業の旧湘南研究所である「湘南ヘルスイノベーションパーク(略称:湘南アイパーク)」の開所式に参加しました。 武田薬品の旧湘南研究所、19の企業や研究機関が入居

大阪 (ビジネスワイヤ) — 武田薬品工業株式会社(tse: 4502)は本日、藤本利夫(md、mba)が湘南ヘルスイノベーションパークのゼネラルマネジャーに着任したと発表しました。着任は2017年12

発表日:2018年4月13日 湘南ヘルスイノベーションパークがグランドオープン ―政府、アカデミア、医療機関など350名を招き開所式典を神奈川県と

Dec 01, 2017 · 湘南ヘルスイノベーションパーク ジェネラルマネジャーの着任について 2017年12月1日 当社は、このたび、藤本利夫氏(以下「藤本氏」)が2017年12月1日付で、当社湘南ヘルスイノベーションパーク ジェネラルマネジャーに着任しましたのでお知らせします。

村岡にある最大事業所といえば、武田薬品湘南研究所です。 敷地面積約25万㎡、建物延面積約31万㎡の巨大研究施設です。 そこに、ベンチャーやアカデミアを呼び込み、研究支援やビジネスサポートを行うという新規事業が行われようとしています。 その名も「湘南へルスイノベーション

[PDF]

湘南ヘルス イノベーションパーク 藤沢 電車・バスでお越しの場合 jr大船駅より 東口交通広場(ルミネウィング南側)(2)乗車場 江ノ電バス 藤沢駅北口行「武田薬品前」下車(約15分) タクシー:南改札を出て西口タクシー乗り場(約10分) jr藤沢駅より

武田薬品工業がスタートアップ企業などに研究施設を開放する「湘南ヘルスイノベーションパーク」(神奈川県藤沢市)の開所1周年記念

Dec 02, 2017 · 武田薬品が藤本利夫(md、mba)を湘南ヘルスイノベーションパークのゼネラルマネジャーに任命 (大阪)- (ビジネスワイヤ) — 武田薬品工業

武田薬品の国内研究拠点「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)は2018~23年中期戦略を発表し、23年までに200社の入居企業の

武田薬品工業は13日、湘南研究所(神奈川県藤沢市)の名称を「湘南ヘルスイノベーションパーク」に改めた。 外部のベンチャーやアカデミア

武田薬品工業は13日、創薬に向けたバイオベンチャーなどとの協業拠点「湘南ヘルスイノベーションパーク」を同社湘南研究所(神奈川県藤沢市

名称:湘南ヘルスイノベーションパーク(略称:湘南アイパーク) 住所:〒251-8555 神奈川県藤沢市村岡東二丁目26番地の1

武田薬品の国内研究拠点「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)は2018~23年中期戦略を発表し、23年までに200社の入居企業の

Apr 13, 2018 · 風邪薬や医療用薬品の製造・販売を手掛ける製薬大手の武田薬品工業はここ数年、海外企業を相次いで買収し新薬の製造や開発に力を入れています。その武田薬品が4月13日に創薬研究の要として湘南に大型の研究所をオープンしました。一体どういう場所で、狙い

2017年は私たちにとってオープンイノベーション構想の実現に向けて更なる一歩を踏み出した年になりました。日本における新たなイノベーションハブとなるべく、神奈川県藤沢市にある武田薬品湘南研究所を「湘南ヘルスイノベーションパーク」として社外に開放し、優れたベンチャーや企業

武田薬品工業は、湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、湘南アイパーク)がグランドオープンしたことを発表した。湘南アイパークは、日本初の製薬企業主導によるオープンでイノベーティブなエコシステムの醸成を目指して構想された。

(ビジネスワイヤ) — 武田薬品工業株式会社(tse: 4502)は本日、藤本利夫(md、mba)が湘南ヘルスイノベーションパークのゼネラルマネジャーに

[PDF]

湘南アイパーク 2011 年に神奈川県藤沢市に武田薬品工業の湘南研究所が設 立され、その後、18 年4 月にオープンイノベーションの拠点 として「湘南アイパーク」を開設。世界に開かれたイノベー ションエコシステムの構築を目指し、多様なテナントの入居・

先週の金曜日(2018年4月13日)、武田薬品工業湘南研究所を改組して誕生した湘南へルスイノベーションパーク(iPark)の開所式が執り行われました。ボストンに研究開発の主力を移動した武田薬品湘南研究所には、中枢神経系の医薬品の研究部門と京都大学iPS細胞研究所(CiRA)との共同研究

武田薬品のイノベーションエコシステムの詳細については、Ecosystem for health innovationをご覧ください。 湘南ヘルスイノベーションパークの詳細に

「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)なる施設の開所式で、2人はテープカットのためにハサミを入れたが、その時点で湘南研究所という名称は消滅した。 「武田薬品工業は湘南研究所(神奈川県藤沢市)で外部のベンチャー企業(VB

湘南ヘルスイノベーションパークのプレスリリース(2019年4月11日 11時00分)田辺三菱製薬が湘南アイパークに入居決定 武田薬品、あすか製薬

武田薬品は、本会社分割を通じ、同社湘南研究所が目指す様々な英知を結集した「ヘルスイノベーションパーク」において、画期的な創薬基盤を

藤沢市村岡東の「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)が誕生して1年。これまでの変化や展望について、ジェネラルマネジャー

知的創造性の向上と最先端の環境配慮技術を導入した世界最大級の都市型サイエンスパークです。「森の中の研究所」というコンセプトで緑地や水辺を整備し周辺環境にも優しい施設としました。

タケダの医薬品を製造・販売している武田コンシューマーヘルスケア株式会社のコーポレートサイトです。

武田薬品工業は、2017年11月1日、2018年3月期第2四半期決算説明会を開催。同社が構想する湘南ヘルスイノベーションパークについて、同社のChristophe Weber社長CEOは、「多くの企業に参加してほしいと考えている」と強調した。

湘南ヘルスイノベーションパークがグランドオープン. 2018年4月13日 -政府、アカデミア、医療機関など350名を招き開所式典を神奈川県と共同開催-湘南ヘルスイノベーションパークのビジョンを象徴する

武田薬品の湘南研究所を開放して設立した「湘南ヘルスイノベーションパーク」(以下、湘南アイパーク)は11月22日、プレス向け公開座談会を

大阪–(business wire)–(ビジネスワイヤ) — 武田薬品工業株式会社(tse: 4502)は本日、藤本利夫(md、mba)が湘南ヘルスイノベーションパークのゼネラルマネジャーに着任したと発表しました。着任は2017年12月1日付です。日本イーライリリーから武田薬品に入社する藤本は新たな役職で、事業計

武田薬品湘南研究所に開設された「湘南ヘルスイノベーションパーク」がグランドオープンとのリリースが出ていました。 「湘南アイパーク」という略称なのだそうです。 武田薬品湘南工場撤退の後、一時は村岡の人通りも寂しくなりましたが、湘南研究所の設立と湘南鎌倉総合病院の岡本

県、藤沢、鎌倉市、武田薬品工業、湘南鎌倉総合病院の5者は5月、湘南アイパークとヘルスイノベーション最先端拠点形成にかかる連携・協力に関する覚書を結んだ。

武田薬品は、本会社分割を通じ、同社湘南研究所が目指す様々な英知を結集した「ヘルスイノベーションパーク」において、画期的な創薬基盤を

武田薬品は、1日付でチーフメディカル&サイエンティフィックオフィサー管轄直下の組織として「湘南ヘルスイノベーションパーク」を設置し

武田薬品工業は湘南研究所(神奈川県藤沢市)を「湘南ヘルスイノベーションパーク」として刷新し開設した。産官学が連携した創薬活動の拠点

湘南ヘルスイノベーションパークのプレスリリース(2019年10月11日 14時00分)湘南アイパークがIncubation事業を開始

BioJapan2017で印象深かったのは、武田薬品工業がセミナーを開催し、同社が構想している「湘南ヘルスイノベーションパーク」について説明したことです。製薬企業が自社の研究所のスペースや機器をベンチャーやアカデミアに使えるように開放するとは前代未聞。セミナーは、BioJapan2017の会場で

武田薬品の国内研究拠点「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)の藤本利夫ジェネラルマネージャーは15日、藤沢市で開催した

(ビジネスワイヤ) — 武田薬品工業株式会社(tse: 4502)は本日、藤本利夫(md、mba)が湘南ヘルスイノベーションパークのゼネラルマネジャーに

武田薬品工業が、神奈川県の研究所「湘南ヘルスイノベーションパーク(通称・湘南アイパーク)」の一部を企業や大学に

湘南アイパーク インキュベーション事業スタート j&jと武田薬品がスポンサー参画 | 湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)は10月

湘南アイパークと神奈川県 再生医療実用化に向けた8提言発表 ワンストップのエコシステム構築へ | 武田薬品の湘南研究所を開放して設立した

日本発のグローバル企業である「タケダ」こと武田薬品工業。その“研究の総本山”とも言うべき湘南研究所(神奈川県藤沢市)に、2018年4月、「湘南ヘルスイノベーションパーク」(略称:湘南アイパーク)が出現した。バイオベンチャーやアカデミアが持つ革新的なアイデアを、患者に届く

2019年7月19日(金)に 「武田薬品工業株式会社 湘南ヘルスイノベーションパーク」 を訪問して参りました。. 日本でも稀に見る大きな研究施設でした。 当日は、湘南ヘルスイノベーションパーク内にあるt-cira研究室の見学と共に、

武田薬品工業の湘南研究所が改組してできた湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)は26日、日本生命やrizap、電通など8社が中年

武田・岩﨑プレジデント デジタルやコア技術のパートナリングに意欲 オープンイノベーション加速 | 武田薬品の岩﨑真人・取締役ジャパン

神奈川県藤沢市にある武田薬品工業の研究所「湘南ヘルスイノベーションパーク(通称・アイパーク)」では、昨年からスペースの一部を企業や

取材に応じる平手氏=横浜市 武田薬品工業が掲げる湘南研究所のヘルスイノベーションパーク構想。その全貌が次第に見えてきた。さまざまな

昨年オープンした、湘南ヘルスイノベーションパーク(通称:湘南アイパーク)。 武田薬品工業湘南研究所の一部を、外部に開放し、今後、ヘルスイノベーションの最先端拠点にしていこうという施設との

東京、神奈川、米シアトルを拠点とし、神奈川オフィスは、武田薬品の湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)に入居している

ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションと武田薬品工業株式会社がスポンサー企業として参画湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、「湘南アイパーク」)は、この(2019年10月11日

武田薬品工業は、産学官連携の創薬拠点と位置付ける湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク、神奈川県藤沢市)への入居社数を4―5年後に約10倍(9月初旬時点比)の200社にする目標を設定

湘南ヘルスイノベーションパークジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションと武田薬品工業株式会社がスポンサー企業として参画湘南

湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)について 湘南アイパークは、サイエンスにおけるイノベーションを強化するために、武田薬品工業株式会社が湘南研究所を開放することにより設立され