要保護児童対策協議会 – 要保護児童対策地域協議会とは

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 子ども・子育て > 子ども・子育て支援 > 児童虐待防止対策・dv防止対策・人身取引対策等 > 児童相談所運営指針等の改正について(平成19年1月23日雇児発第0123002号) > 要保護児童対策地域協議会設置・運営指針 > 要保護児童対策地域協議会設置・運営

[2] 地域協議会を設置した地方公共団体の長は、地域協議会を構成する関係機関等のうちから、地域協議会の運営の中核となり、要保護児童等に対する支援の実施状況の把握や関係機関等との連絡調整を行う要保護児童対策調整機関を指定する。

概要
[PDF]

第1章 市町村要保護児童対策地域協議会運営の実務 (1) 要保護児童対策地域協議会(要対協)とは 社会福祉協議会 要対協は、児童虐待などで保護を要する児童、養育支援が必要な児童や 保護者に対し、関係する複数の機関で援助を行うため、児童福祉法に定め

[PDF]

1 要保護児童対策地域協議会(要対協)の業務 要対協は、要保護児童等に関する情報その他要保護児童の適切な保護 を図るために必要な情報の交換を行うとともに、要保護児童等に対する支 援の内容に関する協議を行う。 (児童福祉法第25条の2第2項)

[PDF]

第4章 要保護児童対策地域協議会の実務. 要保護児童対策地域協議会(「要対協」)は、要保護児童等に関する情報交換や支援内容 の協議を行う法定協議会です。(児童福祉法第25条の2) 1 要対協の意義、構造と運営 (1)意義

そこで、要保護児童等に関し、関係者間で情報交換と支援の協議を行う機関として「要保護児童対策地域協議会(以下「要対協」)」が児童福祉法第25条の2に位置づけられています。

要保護児童対策地域協議会とは 地方公共団体は、要保護児童の適切な保護を図るため、関係機関等により構成され、要保護児童及びその保護者(以下「要保護児童等」という。)に関する情報の交換や支援内容の協議を行う要保護児童対策地域協議会(以下「地域協議会」という。)を置く

更新日:2019年11月26日. 市町要保護児童対策地域協議会実務マニュアルについて. 県では、市町において、子ども家庭相談や要保護児童対策地域協議会の運営に関わる方々を対象として、「市町要保護児童対策地域協議会実務マニュアル」を作成しました。

要保護児童を発見した者は、児童相談所や市町村へ通告する義務を負う(児童福祉法第25条)。市町村に通告された場合は、要保護児童対策地域協議会などを通じて支援や保護を受ける 。

午後から西市民センターで行われた要保護児童対策地域協議会の研修会に出席しました。この協議会は、虐待など保護や支援が必要な子ども達を地域のネットワークで見守ろうという趣旨の下に設置されています。 要保護児童対策地域協議会は、平成16年の児童福祉法改正の中で、各自治体に

(要保護児童対策調整機関の指定) 第10条 法第25条の2第4項の規定により、要保護児童対策調整機関として、北区役所福祉課を指定し、調整機関に協議会の構成員の名簿を設置する。 (要保護児童対策調

野田市要保護児童対策地域協議会要綱 所掌事務 要保護児童及びその保護者(以下「要保護児童等」という。)に関する情報その他要保護児童の適切な保護を図るために必要な情報の交換を行うとともに、児童虐待の防止及び要保護児童等に対する支援に関する

[PDF]

56 第3章 子ども虐待の発見・通告・相談・援助 第4章 要保護児童対策地域協議会 57 (第7面) (2)記載要領 調 査 、 面 接 、 相 談 援 助 等 経 過 (第1面、第2面) ア 事例番号欄は、

宇治市要保護児童対策地域協議会 担当課(室)名 こども福祉課 設置年月日 平成20年7月28日 設置根拠条項 宇治市要保護児童対策地域協議会設置要項 担任する事項 児童虐待の早期発見および予防のための連携または啓発に関すること: 協議会の構成: 26の関係

鴻巣市では要保護児童(被虐待児や保護者のいない児童、保護者に監護させることが不適切であると認められる児童、非行児童なども含まれます。)の適切な保護又は支援を図るため要保護児童対策地域協議会を設置しています。

長岡市では、児童虐待の防止、早期発見・早期対応、再発防止のため、地域の関係する各機関が連携して虐待から子どもたちを守るために「長岡市要保護児童対策地域協議会」(児童虐待防止の地域ネットワーク)を設置しています。

市町村要対協実務マニュアル(下記pdfデータへリンク) 表紙 はじめに、目次、第1章 市町村における要保護児童対策地域協議会 第2章 要保護児童対策地域協議会における調整機関の役割

デジタル大辞泉 – 要保護児童対策地域協議会の用語解説 – 虐待や非行などさまざまな問題を抱えた児童の早期発見と適切な保護を目的として、市町村などの地方公共団体が児童福祉法に基づいて設置する協議会。児童相談所や学校・教育委員会、警察など、地域の関係機関によって構成される

)第25条の2の規定に基づき、虐待を受ける要保護児童(法第6条の3に規定する要保護児童をいう。以下同じ。)の早期発見及び適切な保護を図るため、仙台市要保護児童対策地域協議会を設置する。 仙台市要保護児童対策地域協議会設置要綱(pdf:187kb)

概要. 児童福祉法第25条の2第1項の規定に基づき、保護者のいない児童又は保護者に監護させることが適当でない児童(要保護児童)を関係機関が連携して情報交換を行ったり、情報を共有することによって支援内容の協議等を行い、要保護児童の早期発見・早期対応を図るため、尼崎市要保護

羽村市では、平成16年に「児童虐待防止連絡協議会」を設置し、児童虐待の防止や早期発見に対応してまいりましたが、児童福祉法の中で情報の交換や支援に対する協議、また、協議会で知り得た秘密の守秘義務等が規定されている「要保護児童対策地域協議会」に移行することにより、関係

[PDF]

西宮市 要保護児童対策協議会 設置要綱 (目的) 第1条 虐待を受けている児童を始めとする要保護児童(保護者のない児童又は保護者に監 護させることが不適当であると認められる児童)の早期発見や適切な保護又は要支援児

[PDF]

新潟市要保護児童対策地域協議会設置運営要綱 (設置) 第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第25条の2第1項の 規定に基づき、法第25条の2第2項に規定する要保護児童若しくは要支援児童及びその保

別府市要保護児童対策地域協議会. 別府市要保護児童対策地域協議会は、虐待を受けている児童の早期発見やその要保護児童の適切な保護又は要支援児童若しくは特定妊婦への適切な支援を行うために、関係機関等相互の適切な連携と情報共有を図り、児童虐待への対応を迅速かつ組織的に行う

[PDF]

寝屋川市要保護児童対策地域協議会設置要綱 (目的及び設置) 第1条 要保護児童、要支援児童及び特定妊婦(以下「要保護児童等」という。) の早期発見及びその適切な保護を行うにつき、地域の各関係機

詳細

児童福祉法に基づく、要保護児童対策地域協議会の組織及び運営に関して、必要な事項を定める要綱です。 要綱PDFファイル 川崎市要保護児童対策地域協議会設置要綱(PDF形式, 85KB)

[PDF]

要対協の構成機関の代表が集まり、要保護児童等への理解、要対協の現状と各機関 の役割について共有し、より効果的な市町村における支援体制について、全体で確認 するための会議です。 開催基準:最低

厚木市要保護児童対策地域協議会とは、要保護児童(児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第6条の3の第8項に規定する要保護児童をいう。以下同じ。)の早期発見及びその適切な保護又は要支援児童(法第6条の3の第5項に規定する要支援児童を

ようほごじどうたいさくちいききょうぎかい【要保護児童対策地域協議会】とは。意味や解説、類語。虐待や非行などさまざまな問題を抱えた児童の早期発見と適切な保護を目的として、市町村などの地方公共団体が児童福祉法に基づいて設置する協議会。

港区要保護児童対策地域協議会とは何ですか。 港区要保護児童対策地域協議会とは何ですか。 虐待を受けている子どもやさまざまな問題を抱えている要保護児童若しくは、要支援児童及びその保護者又は特定妊婦(以下「要保護児童等」)の早期発見や適切な保護等を図るために、地域の関係

群馬県要保護児童対策地域協議会の概要 1 目的 要支援児童等への支援、要保護児童の早期発見及び適切な保護を図るため、関係機関の連携と協力を確保することを目的とする。 2 事業内容 次の事項について、情報交換及び協議を行う。

平成16年に児童福祉法が改正され、要保護児童等に関し、関係者間で情報の交換と支援の協議を行う機関として「要保護児童対策地域協議会」(以下、協議会)を法的に位置づけられるとともに、児童家庭相談に応じることが市町村の業務として法律上明確

日光市要保護児童対策地域協議会 ~子どもを守るネットワーク会議~ 要保護児童対策地域協議会とは? 平成16年の児童福祉法の改正により、虐待を含めた要保護児童(保護者のない児童又は保護者に監護させることが不適当であると認められる児童)の早期発見と適切な保護を図ることを目的と

虐待を受けている子どもを始めとする要保護児童等の早期発見や適切な保護・支援を図るためには、関係機関がその子ども等に関する情報や考え方を共有し、適切な連携の下で対応していくことが重要であることから、富山市では「富山市要保護児童対策地域協議会」を設置しました。

亀岡市要保護児童対策地域協議会設置要綱: 主な所掌事務 (1)要保護児童もしくは要支援児童およびその保護者または特定妊婦(以下、「支援対象児童など」という。)に関する情報その他要保護児童の適切な保護または要支援児童もしくは特定妊婦への適切

[PDF]

要保護児童対策地域協議会における 今日的課題 (報告) 石 田 雅 弘 奈良文化女子短期大学 Current Problems of Regional Council for Aid-requiring Children【Report】 Masahiro Ishida Narabunka Women’s college 児童虐待の防止等に関する法律(以下、「児童虐待防止法」という。

以下同じ。) の適切な保護又は要支援児童 (同条第5項に規定する要支援児童をいう。以下同じ。) 若しくは特定妊婦 (同項に規定する特定妊婦をいう。以下同じ。) への適切な支援を図るため高根沢町要保護児童対策地域協議会 (以下「協議会

児童福祉法に基づく、要保護児童対策地域協議会の組織及び運営に関して、必要な事項を定める要綱です。 要綱PDFファイル 川崎市要保護児童対策地域協議会設置要綱(PDF形式, 85KB)

要保護児童対策 青森市要保護児童対策地域協議会. 児童虐待を含む要保護児童(保護者のいない児童もしくは保護者に養育させることが不適当であると認められる児童)等への対策として、平成19年11月より「青森市要保護児童対策地域協議会」を設置し、児童相談所をはじめ、保育所、幼稚園

[PDF]

研修テキストは、①児童福祉司任用前講習会、②児童福祉司任用資格後研 修、③要保護児童対策調整機関調整担当者研修、の3冊であるが、同一細目は 同様の内容とし、「任用前」と「任用後」の修得内容の違いについては「科目 のねらい」において示した。

[PDF]

・「要保護児童対策地域協議会設置・運営指針」に基づき、関係機 関と協議、調整を行い、設立運営要綱等を文書化、制度化してお く。また、地域協議会を設立した時は、必ず公示を行う。 ⑤都道府県(児童相談所)との連携を図る

太田市要保護児童対策地域協議会要綱. 太田市要保護児童対策地域協議会設置要綱(平成19年2月21日太田市制定)の全部を改正する。 (設置) 第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。

堺市要保護児童対策地域協議会(旧 堺市子ども虐待連絡会議)は、堺市要保護児童対策地域協議会設置要綱(旧 堺市子ども虐待連絡会議設置要綱)に基づき、要保護児童、要支援児童、特定妊婦をめぐる諸問題について、問題の予防及び早期発見並びに問題が発生した際の子どもとその家族への

要保護児童とは. 児童虐待、非行、不登校、障害など「支援を必要とするあらゆる児童」のことです。 協議会の活動. 子どもたちを支援する関係者が機能的に連携し、適切な情報共有を図れるように環境を整

それを行うのが, 要保護児童支援地域協議会(要支協) です。 要支協とは,いつもはそれぞれ地域で活動している人たちが,互いの情報と強みを持ち寄り, 連携して子どもたちを支援するチーム なのです。

1.要保護児童対策地域協議会とは. 要保護児童対策地域協議会とは、虐待や非行などの支援対象児童等について、関係機関等の連携により組織的に対応し、当該児童の早期発見及び適切な保護を図ることを目的に、芦屋市では平成17年12月1日に設置された組織

名称:寝屋川市要保護児童対策地域協議会. 設置目的:児童虐待に関する情報交換並びに地域の各関係機関の連携及び協力の推進により、虐待の早期発見・早期対応を図る。 設置年月日:平成18年12月1日. 設置根拠:寝屋川市要保護児童対策地域協議会設置要綱

[PDF]

本日は、京丹後市要保護児童対策地域協議会代表者会議を開催しましたところ、皆様に は大変お忙しい中ご出席いただき、誠にありがとうございます。平素は、本協議会の運営 につきまして、格別のご理解とご協力をいただき、厚くお礼を申し上げます。

要保護児童対策地域協議会とは. 要保護児童対策地域協議会とは【厚生労働省ホームページ】(別ウィンドウが開きます) 浜松市要保護児童対策地域協議会. 浜松市要保護児童対策地域協議会設置要綱(pdf:90kb) 浜松市要保護児童対策地域協議会代表者会議

名称. 千葉県要保護児童対策協議会. 設置年月日. 平成22年3月16日. 設置根拠. 児童福祉法第25条の2第1項. 業務内容. 要保護児童等の適切な保護及び支援にあたり、関係機関の円滑な連携や協力を確保するための情報交換及び情報の共有化、各関係機関の役割の明確化等を行う。

この規程は、厚木市要保護児童対策地域協議会設置 について定めています。 (趣旨) 第1条. この規程は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第25条の2第1項に基づき設置する厚木市要保護児童対策地域協議会(以下「協議会」という。

京都市要保護児童対策地域協議会設置運営要綱 (設置) 第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第25条の2第1項の規定に基づき,法第25条の2第2項に規定する要保護児童等(以下「要保護児童等」という。

[PDF]

として,茨城県要保護児童対策地域協議会に報告することとする。 (2) 関係機関等は,年次計画に基づく取組の実施状況について,茨城県要保護児童対策 地域協議会に報告することとする。 付 則(平成25 年6

[PDF]

資料1(要保護児童とは、どんな子ども達で、どんな問題を持っている子ども達なのか) 要保護児童対策 地域協議会の支 援の対象者 定 義 具体的な対象者の例 「要保護児童」及 びその保護者 「要保護児童」 ①保護者に監護させることが不適当であると認

協議会は、要保護児童等にかかわる関係機関の代表者から組織され、情報交換、連携、意識啓発等に関することを検討しています。 設置根拠: 豊橋市要保護児童対策ネットワーク協議会設置要綱 第1条: 連絡先

[PDF]

1 大船渡市における要保護児童対策地域協議会の概要 1.11..1.児童家庭相談及び児童虐待に対 児童家庭相談及び児童虐待に対児童家庭相談及び児童虐待に対する市町村の役割 する市町村の役割する市町

[PDF]

さて、本協議会は、児童福祉法の改正により、平成20 年7月から、任意協議会であった「宇治市児童虐待防止ネットワーク会議」から、法律に位 置づけられた「宇治市要保護児童対策地域協議会」へと組織を移行いたしましたものでござ います。

千代田区要保護児童対策地域協議会 千代田区要保護児童対策地域協議会とは「子どもを守るためのネットワーク」です。 平成16年の児童福祉法改正により、区市町村が子ども虐待を含む子ども家庭相談の一義的な役割を担うことになりました。